Discover KAINAN まちづくり海南

まちづくり海南について
たまてばこ海南
HOME > 海南市の見どころ

海南市の見どころ

ここでは、海南市をご案内する『語り部』のご紹介や、海南市の観光情報をご紹介しています。

海南市を知りつくし、本当の海南市を知ってもらいたいと考える語り部さんが、海南市の史跡・旧跡・観光地をご案内しています。

語り部案内観光情報の知りたい情報をご覧ください。

語り部案内

海南市の史跡をご案内いたします。詳しくは下記をご覧ください。
  1. コース
    熊野古道、紀州漆器の里「黒江の町並み」等をご案内いたします。
  2. 費用
    有料
     
     
    市街地(黒江、藤白周辺) 1時間あたり千円
     
    熊野古道(藤白坂を越える) 5千円
     
    熊野古道(拝の峠も超える) 1万円
     
    ※ いずれも片道案内
     
    ※ 食事・交通費 別途
  3. 予約
     
    一週間前までにお申し込み下さい。
お申し込み・お問い合わせ先
海南市 商工観光課
TEL/073-483-8460
海南市物産観光センター(愛称:かいぶつくん)JR海南駅
TEL/073-484-3233
お問い合わせフォーム

観光情報

海南市の観光情報をご案内いたします。下記から詳しく知りたい情報をクリックしてください。
琴ノ浦温山荘園温故伝承館・黒牛茶屋中言神社浄国寺川端通りと黒江の町並みうるわし館(漆器伝統産業会館)黒江ぬりもの館・器楽や・木地屋・池庄漆器店鈴木屋敷・庭園わんぱく公園黒沢ハイランド(和歌山の朝日・タ陽100選)亀池遊園森林公園 雨の森(和歌山の朝日・タ陽100選)海南市海南歴史民俗資料館和歌山県立自然博物館和歌山マリーナシティ長保寺善福院 釈迦堂(国宝)藤白神社御所の芝(藤白峠)橘本神社(所坂王子)山路王子神社願成寺つり公園下津ピアーランドビオトープ孟子海南ぶらり旅「かいぶつくん」レンタサイクル
琴ノ浦温山荘園
琴ノ浦温山荘園 1画像をクリックすると拡大表示します。
大正時代の大阪の実業家、新田長次郎翁が自ら設計してつくった別荘の庭園で、個人の庭園としてはその規模において関西随一といわれています。海から水をひいている庭園内の池は、潮の干満に応じて水位が上下する珍しい造作となっています。また、母屋など9件の建造物が国の登録有形文化財に登録されています。なお、隣接する温山荘公園では、毎年秋に菊花展が開催され、多くの観光客が訪れます。

駐車場(1回につき)
 観光バス(団体) 1000円
 障害者同乗者 無料
 大型 1000円
 マイクロバス 800円
 普通自動車 300円
 軽自動車 300円
住所
和歌山県海南市船尾370
TEL
073-482-0201
営業時間
9時〜17時(入園は16時30分まで)
料金
シニア(65歳以上)300円、大人(大学生含む)400円(20名以上300円)、高・中・小学生200円(20名以上150円)、幼稚園児100円、障害者200円 ※ 付き添い者200円、車いす完備(無料)
定休日
月曜日(月曜日が祝日の場合は開園、翌火曜は休園) 12/1〜2/末日
アクセス方法
海南駅からの経路:JR海南駅前ロータリーにバス停があります「和歌山市駅 行」「マリーナCITY 行」で 「琴ノ浦」で下車して下さい。/阪和自動車道からの経路:海南インターで降り、和歌山方面(白浜方面の反対)へ国道42号線を道なりに走れば、10分程度で左手に見えてきます。
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
温故伝承館・黒牛茶屋
温故伝承館・黒牛茶屋 1温故伝承館・黒牛茶屋 2画像をクリックすると拡大表示します。
昔の酒蔵をそのまま利用した雰囲気たっぷりの資料館には、江戸時代からの酒造りの方法と道具や商いの記録が展示されています。名産品が揃うおみやげコーナーもあり、酒造りの道具でデザインされた休憩所(黒牛茶屋、温故伝承館向かい)では利き酒もできます
TEL
073-482-1115
営業時間
10時〜17時 (黒牛茶屋は夏は18時30分、冬は18時まで)
料金
大人400円
定休日
1/1〜3
アクセス方法
和歌山県海南市黒江846
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
中言神社
中言神社 1画像をクリックすると拡大表示します。
万葉集にもうたわれている「黒牛潟」の名の由来となった黒牛の形をした岩はこの神社のあたりに埋まっていると伝えられています。紀の国名水50選の一つ「黒牛の水」の清水が境内にあり、酒造りの仕込水にも利用されています。
住所
海南市黒江933
TEL
073-482-1199
営業時間
お茶席 10:00〜16:00
料金
お茶席 一席 400円
アクセス方法
阪和線  天王寺→和歌山(60分 820円) 海南方面行きバスで黒江 南へ15分
WEBサイトを表示する
観光情報の先頭へ戻る
浄国寺
浄国寺 1画像をクリックすると拡大表示します。
「黒江のごぼうさん」として親しまれる由緒あるお寺。黒江の職人たちによって塗られた本堂内陣の床、天井の絵、浄土真宗最古の借景枯山水庭園にある紀州の青石、蓬莱山をかたどった築山、江戸時代の書画の達人、祇園南海の襖絵など、厳かで格調高い趣があります。
TEL
073-482-1293
観光情報の先頭へ戻る
川端通りと黒江の町並み
川端通りと黒江の町並み 1川端通りと黒江の町並み 2画像をクリックすると拡大表示します。
紀陽銀行海南支店から西側の通りは、漆器問屋が軒をつらねた川端通りです。川端通りの中央には、大正末期まで掘割りがあって、漆器製品などこの掘割りを利用して港まで船で荷出しをしました。そのため問屋は表通りに、職人層は裏通りへと町割りされました。各家は、道路とある角度をもって建てられ、のこぎりの歯のような独特の町並みをつくっています。家の前には三角形の空地ができて、荷物や荷出し車の置場などに利用されてきました。
観光情報の先頭へ戻る
うるわし館(漆器伝統産業会館)
うるわし館(漆器伝統産業会館) 1画像をクリックすると拡大表示します。
川端通りを西へ歩いて行くと、日本建築のイメージを生かした白亜の美しい建物が目に入ります。江戸時代からの作品をはじめ現代の郷土の日展作家や伝統工芸士の見事な漆芸品が並べられていますし、新しい試みとしての創作品も数多く見られます。蒔絵の絵付け体験ができるほか、おみやげ物の漆器も販売しています。
TEL
073-482-0322
営業時間
午前10時〜午後4時
料金
無料
定休日
毎月第2日曜日
アクセス方法
JR海南駅より車で約5分、JR黒江駅より徒歩で20分
WEBサイトを表示する
観光情報の先頭へ戻る
黒江ぬりもの館・器楽や・木地屋・池庄漆器店
黒江ぬりもの館・器楽や・木地屋・池庄漆器店 1黒江ぬりもの館・器楽や・木地屋・池庄漆器店 2黒江ぬりもの館・器楽や・木地屋・池庄漆器店 3画像をクリックすると拡大表示します。
金毘羅さんの両から東へ入ると道幅がせまく、家並みがのこぎり歯状に並んだ一番黒江らしい面影を残した町並みに出あいます。この通りに塗師の古い家を使った漆器の即売店があります。気軽に入って直接手にふれて選べる楽しさがこの館の魅力です。
また、この近くには、漆器屋さんの私邸を開放しギャラリーとして漆器を楽しめる「器楽や」「木地屋」や「池庄漆器店」もあります。
住所
海南市黒江680番地
TEL
黒江ぬりもの館:073-482-5321/器楽や:073-483-4005/木地屋:073-482-9043/池庄:073-482-0125
営業時間
午前10時〜午後4時30分
定休日
黒江ぬりもの館:毎週水曜日休館/器楽や:不定休/木地屋:不定休/池庄:日曜日
アクセス方法
JR黒江駅より徒歩15分 海南インターより車で5分 マリーナシティより車で5分
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
鈴木屋敷・庭園
鈴木屋敷・庭園 1画像をクリックすると拡大表示します。
鈴木氏は熊野八荘司のひとつで平安末期に現在の海南市藤白に居を構え、全国二百万の鈴木姓のルーツといわれている。曲水泉と呼ばれる日本古来の静かな庭園には義経弓かけの松も残る。
観光情報の先頭へ戻る
わんぱく公園
わんぱく公園 1画像をクリックすると拡大表示します。
近畿自動車道・海南東I.C.から車で1〜2分、緑と池に囲まれた自然豊かな丘陵地に位置する「遊び生活体験パーク」です。広さ約9ha。風の子館(管理棟)内のネット遊具やユニークな年齢別遊具などが楽しめる他、プレイリーダーがいろいろな遊びをおしえてくれます。また、自然の中での心安らぐ散策やバードウォッチング、汐見の塔(展望台)からの見晴らしのいい眺めは、子供からお年寄りのみんなが楽しめ、現代人が求めるリラックスゾーンとして最高のスポットです。
住所
海南市大野中995-2
TEL
073-484-5810
営業時間
9時〜17時
料金
無料
定休日
月曜日(祝日は開園)、12/29〜1/3
アクセス方法
JR海南駅よりタクシー約5分
WEBサイトを表示する
観光情報の先頭へ戻る
黒沢ハイランド(和歌山の朝日・タ陽100選)
黒沢ハイランド(和歌山の朝日・タ陽100選) 1画像をクリックすると拡大表示します。
生石高原の一角を占める黒沢山一帯の広々としたレジャーランド。広大な敷地には牧場もあり、 放し飼いの牛たちがのんびりと草を食む、のどかな牧場やキャンプ場、ゴルフ場のほか、テニスや乗馬など、いろいろなスポーツが楽しめる「黒沢ハイランド」があります。緑いっぱいの爽やかな高原で、心も体も思いっきりリフレッシュしよう。
住所
海南市上谷603
TEL
073-487-2900
営業時間
9時〜17時
料金
大人400円、3才〜中学生200円
定休日
不定休
アクセス方法
大阪方面より  阪和自動車道 大阪松原JCT〜海南東IC 約60分
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
亀池遊園
亀池遊園 1画像をクリックすると拡大表示します。
生石高原県立自然公園の一角にあり、紀州流土木工法の祖といわれた井沢弥惣兵衛が宝永7年(1710)につくった灌漑用池。県下最大級といわれる周囲約4kmの池の中たには小さな島が浮かび、旧紀州藩主徳川家の別邸「双青閣」がひっそりとたたずんでいます。普段は静かな散策コースも春の桜まつりには約2,000本もの桜が一斉に花開き、訪れる人々でにぎわいをみせます。
観光情報の先頭へ戻る
森林公園 雨の森(和歌山の朝日・タ陽100選)
森林公園 雨の森(和歌山の朝日・タ陽100選) 1画像をクリックすると拡大表示します。
海南の町を一望できる見晴らしのよい高台の公園は市民の憩いの場として親しまれています。昔の雨乞いの場「雨の大明神」、九頭竜王権現が祭られており、新しい祠も再建されました。大野東・西城跡があり、約4kmの遊歩道は歴史の散歩道。森林公園雨の森から鏡石山に至る道は手頃なハイキングコースとして楽しめます。
住所
海南市山田字大明神106番地
料金
無料
アクセス方法
JR海南駅より車で約30分/海南東ICより車で約20分
観光情報の先頭へ戻る
海南市海南歴史民俗資料館
海南市海南歴史民俗資料館 1画像をクリックすると拡大表示します。
文化財についての資料を集めて保存、展示するほか、毎年テーマ展を開催しています。また、ふるさと講座や体験学習ができるイベントもあり、楽しみながら海南市の文化と歴史に触れることができます。
住所
海南市木津233-23
TEL
073-487-3808
営業時間
9時〜16時
料金
無料
定休日
月・火曜日、12/29〜1/3
アクセス方法
JR海南駅でオレンジバスに乗り換え、「沖野々」下車、南へ徒歩15分/自動車では、近畿自動車道「海南東インター」より東へ約5km
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
和歌山県立自然博物館
和歌山県立自然博物館 1画像をクリックすると拡大表示します。
和歌山県内の自然を紹介するため、魚貝類、動植物等の標本や図書などの資料を収集し、調査・研究・保管してその成果の一部を展示しています。水族館コーナー、昆虫の標本コーナーなど、和歌山県の自然が学べます。
住所
海南市船尾370-1
TEL
073‐483‐1777
営業時間
9時3O分〜17時
料金
大人460円、高校生以下無料
定休日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(日曜日及び振替休日を除く)、12/28〜1/4
アクセス方法
JR和歌山駅・南海本線和歌山市駅前より海南方面行きバス(30〜40分)琴の浦下車すぐ。/JR海南駅より和歌山市方面行きバス(10分)琴の浦下車。/和歌山市から国道42号線毛見トンネルを越え,右折。阪和自動車道海南インターチェンジより和歌山市方面へ(10分)
WEBサイトを表示する
観光情報の先頭へ戻る
和歌山マリーナシティ
和歌山マリーナシティ 1画像をクリックすると拡大表示します。
海に突き出したこの人工島には楽しいみどころがいっぱい。地中海の港町を舞台にしたテーマパーク「ポルトヨーロッパ」、世界の魚介類が直送されるフィッシャーマンズワーフ「黒潮市場」、和歌山県の自然と歴史文化を紹介する体感型パビリオン「わかやま館」など、大人から子供まで、たっぷり遊べるアミューズメントスポット。
住所
和歌山市毛見1527
TEL
073-448-0011
アクセス方法
大阪方面からクルマなら約70分。電車をご利用なら南海本線「サザン」で難波から約80分。
WEBサイトを表示する
観光情報の先頭へ戻る
長保寺
長保寺 1画像をクリックすると拡大表示します。
長保寺は長保2年(1000)一条天皇の勅願寺として建立に着手し、寛仁元年(1O17)に完成したといわれ、その後仁治3年(1242)寺地を東に移し、延慶4年(1311)現本堂が建立されたといわれている。当初は天台宗であったが後法相宗、天台宗、真言宗と変わり、紀州徳川家になって初代藩主頼宣公により菩提寺となって天台宗に改められた。この本堂は、旧来の和様へ当時伝来の唐様を巧みにとり入れ、二つの様式を融和混合し、しかも独自の計画と好意匠に成功した和様唐様折衷様式の典型的な建築である。本堂のほか、大門と多宝塔が同じく国宝に指定されている。
住所
海南市下津町上689
TEL
073-492-1030
営業時間
9:00〜17:00
料金
300円(団体割引有)小学生以下無料
アクセス方法
阪和高速道路 海南インター を南向き(有田方面)に降りて42号線を走り約15分。国道に大きな看板があります。左折したら長保寺バイパスに入り約1キロで到着。
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
善福院 釈迦堂(国宝)
善福院 釈迦堂(国宝) 1画像をクリックすると拡大表示します。
建保2年(1214)栄西禅師によって創設されたといわれる広福禅寺五ケ院の一つである。明治初期までは三ケ院があったが現在は善福院だけとなった。現在の釈迦堂は広福禅寺の本堂で、鎌倉時代後期の禅宗様式の典型的な建築として、鎌倉円覚寺舎利殿、山口功山寺仏殿などと共に有名である。
TEL
073-492-2188
観光情報の先頭へ戻る
藤白神社
藤白神社 1画像をクリックすると拡大表示します。
万葉時代、斉明天皇が紀の湯に行幸されたとき、社祠を創建されたといいます。 古くは藤代若一王子ともいわれ、熊野九十九王子中、最初の五躰王子として格式が高く、百回に及ぶ上皇、法皇の熊野御幸のとき、必ず休泊されました。そして、神前では白拍子舞や里神楽(県の無形民俗文化財「藤白の獅子舞」につながる)、すもうなどとともに「和歌会」が催されました。 藤白神社は、熊野三山の神をまつるとともに、全国鈴木姓の氏神でもあります。神社の隣には、全国200万鈴木姓のルーツといわれる鈴木屋敷があります。 また、藤白神社の境内には、樹樹齢1000年余りもの大きな楠を「子守楠神社」としてまつり、藤代王子の大楠にこもる熊野の神というわけで、子どもの名つけをしました。紀州が生んだ巨人、南方熊楠もその一人で、いまも子守の楠神さんとして親しまれています。
TEL
073-482-1123
観光情報の先頭へ戻る
御所の芝(藤白峠)
御所の芝(藤白峠) 1画像をクリックすると拡大表示します。
藤原定家が「よじ登る」と「熊野御幸記」で表現した急坂は、ここまで平坦地を旅して来た都人にとって、最初にぶつかるけわしい道で、難所でした。上りつめたところが塔下王子で、その手前を地蔵峰寺の裏手へと上ると「御所の芝」です。歴代の上皇が休息したというとおり、ここからの眺めは抜群です。はるか和歌の浦から加太・友が島、遠く淡路島まで、一望のもとに見渡せます。
観光情報の先頭へ戻る
橘本神社(所坂王子)
橘本神社(所坂王子) 1画像をクリックすると拡大表示します。
垂仁天皇の命で中国に渡り、不老不死の果物として橘を持ち帰ったといわれる田道間守がミカンの神様、お菓子の神様として祀られている。所坂王子はお菓子の原料のトコロ(ヤマイモ科)からきているといわれる。
TEL
073-494-0083
アクセス方法
交通/JR加茂郷駅から車で約15分
観光情報の先頭へ戻る
山路王子神社
山路王子神社 1画像をクリックすると拡大表示します。
一壺王子とも呼ばれ、石段を上がれば、本殿と社がある王子社の形を残した希少な神社。赤ん坊に相撲をとらせ、背中に土をつけ、健やかな成長を願って行われる泣き相撲と獅子舞で有名な神社。
TEL
073-494-0455
アクセス方法
JR加茂郷駅から車で約20分
観光情報の先頭へ戻る
願成寺
願成寺 1画像をクリックすると拡大表示します。
湛慶上人が建立したもので本尊の木造千手観音坐像は国の重要文化財に指定。約500本のあじさいが咲き乱れ、あじさい寺とも呼ばれる。
TEL
073-487-1236
アクセス方法
JR海南駅から車で約20分
観光情報の先頭へ戻る
つり公園下津ピアーランド
つり公園下津ピアーランド 1画像をクリックすると拡大表示します。
風光明媚な和歌浦湾を一望しながら釣りが楽しめるスポット。浜からのびた100mの桟橋にはチヌ、ヒラメ、イカ、スズキなど種類の豊富な魚たちを狙って太公望がいっぱい。釣り竿からエサにいたるまで現地で調達できるので手ぶらで行っても大丈夫。
TEL
073-494-0940
営業時間
4・5・9・10月5:00〜18:00、6〜8月5:00〜19:00、11〜3月6:00〜17:00
料金
釣り料金:16歳以上1050円(桟橋)2100円(筏)、6〜15歳525円(桟橋)1050円(筏)/見学者入園料:16歳以上300円、6〜15歳100円
定休日
毎月第2水曜日(ただし祝日は除く)、12月27日〜1月3日
アクセス方法
JR加茂郷駅から車で約5分。海南ICから車で15分
観光情報の先頭へ戻る
ビオトープ孟子
ビオトープ孟子 1画像をクリックすると拡大表示します。
里山自然の重要要素である「稲作水系」と「薪炭林」の生物多様性の豊富さを2.3haのトンボ池集合体および休耕田湿地環境(通称・やすゆき公園)及び不動谷の雑木林を舞台に観察・勉強し、保全人を養成することにより昔日どおりの里山保全を行うことにより、孟子不動谷の豊かで貴重な動植物相を知ることができます。
観光情報の先頭へ戻る
海南ぶらり旅「かいぶつくん」レンタサイクル
海南ぶらり旅「かいぶつくん」レンタサイクル 1海南ぶらり旅「かいぶつくん」レンタサイクル 2画像をクリックすると拡大表示します。
レンタサイクルで
★黒江の町並み、紀州塗りの魅力を体験しよう。
★長保寺、善福院4つの国宝建築を訪ねよう。
★海南の秋の味覚を満喫しよう。
★温山荘、長久邸など名園を訪ねよう。
★自然博物館、歴史民族博物館を訪ねよう。
★家族でマリーナシティへいこう。
住所
JR海南駅構内
TEL
073-484-2326
営業時間
9:00〜17:30まで
料金
3時間まで500円  1日1000円
定休日
無休 年末年始12/29〜1/3のみ休み
アクセス方法
JR和歌山駅よりきのくに線約10分  JR海南駅構内
WEBサイトを表示する
メールを送る
観光情報の先頭へ戻る
お問い合わせ先
株式会社 まちづくり海南
海南市物産観光センター(愛称:かいぶつくん)JR海南駅構内
和歌山県海南市名高51-2
TEL/073-484-3233(9:30〜18:00)
MAIL/info@tmo-kainan.jp
お問い合わせフォーム